車輪の下

ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」という西洋版太宰治の「人間失格」のような小説をこの前読んで発狂した 端的に言うと神童が落ちこぼれて最期は死ぬ様を描いた救いの無い作品 ドイツの片田舎で育った主人公のハンスはガリ勉の真面目な少年でエリートの集まる…

念願のトレインスポッティング続編(T2)見に行ってきた

はい、というわけで4月の末くらいに見に行ってきました1人で。たしか席は平日の昼間で割りと空いてるところにチラホラサブカルクソ女とおっさんがいるくらいだった 前作のトレインスポッテイングを3年前くらいにフォロワーから勧められて知ったんだけど、暇…

無題

記録帳